一覧に戻る

「自分に帰れる」ゲストハウスでありたい。

お客様から手書きハガキをいただきました!

ご夫婦でお越しいただいたお客様。

 

奥様が、ささっと鞄から道具をだされ

あっというまに描いてくださいました。

すごーい! 見ている私まで笑顔になっちゃう満面の笑顔が素敵です。

手書きでささっと描いてしまわれました! みていると、ついつい笑顔になってしまうのです^^

 

付知ばあちゃんち は、忙しい日常を過ごすかたに

ほっと一息ついて、静かで何もない空間で、自分に帰ってほしいのです。

そこを、見事に一言で表していただけました。

嬉しいなぁ~~~~(#^.^#)

 

そして、描かれた奥様を「今、これにはまっているんですよ!」と

嬉しそうに紹介してくださるご主人もいいなぁと思うのです。

薄暗い照明、テレビはありません、BGMもありません。

付知ばあちゃんちは、各部屋に裸電球が一個と間接照明だけですから薄暗いです。

効率から考えたら不便です。

テレビもありません。

でもwifi飛ばしていますから、それで十分です。

BGMもありません。自然の音があるから。

でもレコードはあります。

自分が意識して音を聞くのならアリですが

ただ音や映像が勝手に流れるのは疲れるなぁと思います。

本はおいてありますが、週間雑誌的なものはありません。

 

私は、現代の生活は忙しすぎると思います。

でも、まわりと同じにしていないと困ることも多いですよね。

だから頑張ります。仕事も付き合いも休日も頑張ります。

そして。。。ふと「あれ?なんだっけ?」と思考が止まり

カラダも疲れて動けなくて。。。なんて日が増えていきます。

 

そうなったら、付知ばあちゃんちにお越しください。

 

縁側で寝転んで空をみるだけで疲れが消えていきます。

 

縁側にゴロンと寝そべって、空をみませんか。

畳に寝っ転がって本を枕に昼寝をしませんか。

はっと気が付いたら夕暮れになっていて

薄暗い家でお腹が空いているのに気が付いたりね。

 

「何もない」空間で過ごすだけで、感覚が鋭くもどります。

 

いつもは不眠症なのに、今朝は寝坊しちゃった(笑)

お客様が朝よく言われる一言です。

最近、ぐっすり眠れたのはいつですか?

付知ばあちゃんちで一晩泊まってみませんか。

自分に帰ってみることができます。

明日から、また頑張れる力が戻ってきます。

 

昨日のお客様は「奥でぇ」にお泊りでしたが

「ここにいるだけで、なんだか涙がでちゃうんです」と笑顔で言われました。

スッキリしたんですって^^

 

付知ばあちゃんちは裏山に包まれています。夜中には、猪が何かを掘る音がしたり、カエルの大合唱が聞けたり、朝は鳥の声で目が覚めます。

 

不思議なゲストハウスです。

 

宿泊の予約はこちらからどうぞ↓
https://tsukechi-kominka.com/product/reserve/